安い通販型自動車保険の分割払い

通販型自動車保険は、補償やサービスを細分化されていてそれを自分で組み立てていくことにより
自動車保険を作っていくのですが、なんといっても保険料が安いです。

 

ただ一つ問題があります。

 

通販型自動車保険は、分割払いができないところが多いのも現状です。

 

1年一括払いです。

 

大きな金額でもないのですが、小さい金額でもない。

 

こういう金額は、分割払いにするとなぜか払いが少なく見えます。

 

一気に36000円払うより月々3000円払う方がなんとなく安く感じます。

 

しかし実は安い通販型の自動車保険でも、分割払いが可能なのです。

 

すべてではないですが、クレジットカードを使えば損保会社の数もぐんと増えます。

 

実際に私もクレジットカード決済で三井ダイレクトを分割払いにしています。

 

分割払い口座引き落とし 手数料5% アクサダイレクト ※チューリッヒ 
分割払いクレジットカード払い 手数料5% 三井ダイレクト ※ソニー損保 アメリカンホームダイレクト おとなの自動車保険
クレジットカード払いの分割払い 手数料7.2%〜8.3%(カード会社により異なる) イーデザイン損保 そんぽ24 SBI損保 アクサダイレクト ※チューリッヒ 三井ダイレクト アメリカンホームダイレクト

※チューリッヒは、電話や郵送での申し込みの方限定
※ソニー損保は11回払い

 

 

■自動車保険の分割払いによる手数料

 

自動車保険を分割払いにすると5%の手数料がかかります。
これはクレジットカード払いでも5%かかります。
ここで注意が必要なのは、同じクレジットカード払いでクレジットカード会社の
分割払い(上記の表では3段目)にすると、カード会社によって少し差がありますが8.0%〜8.3%の手数料がかかります。

 

自動車保険分割
自動車保険を分割払いができるのは上の表を見るとわかります。
それを加味して一番ご自分の条件にあった自動車保険を探すことをおすすめします。
ただ自動車保険を分割払いができるかどうかだけでなく総合的に保険料がお得なのものを見つけ出しましょう。
それには、無料自動車保険一括見積もりを利用すればとても簡単に比較ができます。

 

自動車保険分割

 

自動車保険分割

 

 

自動車保険の分割について

自動車保険の分割払いは年齢との関係もあります。

 

若い層の方が分割払いをしている人の割合がぐんと増えます。
全体を見れば25%くらいの人が自動車保険を分割払いしているのですが、
30歳未満の若い層に限れば半数近くの人が分割払いを利用しています。

 

若い層の自動車保険料も高いので一括払いになると収入面で考えても
分割払いを希望する人が多いでしょう。

 

若い層におすすめなのは、安い通販型でしかも分割払いができる自動車保険です。

 

>>>安い通販型の自動車保険など最大20社の一括見積もりはこちらから<<<

通販型自動車保険

通販型自動車保険の重要な強みは可能な限り多めの自動車保険を苦も無く比較や考慮が出来、ドライバーにふさわしい保険を選び取れるという点になりますね。

 

近頃はリスク細分化と叫ばれ、一人一人のリスクを考慮した保険も準備されています。本人にとってこれ以上ない自動車保険がおすすめしてしまう保険なのです。

 

ひとつずつの保険を入念に調べてみる時間が取れないよという方は、比較・ランキングサイトを通じて素早くお客様に一番良い自動車保険を探すのもおすすめしなければなりません。

通販型自動車保険の分割払い

自動車保険に加入した際は、ある程度まとまった保険料の支払いをする必要があります。

 

そうしないと、事故が発生した際に補償を受ける事ができなくなってしまいます。

 

しかし、一度にまとまった保険料を支払うというのは金額を考えると負担になることが多いと思います。

 

その為、従来の代理店型保険では分割払いを選択するという人が多数いました。

 

しかし、最近では以前に比べて通販型・デイレクト型自動車保険など比較的保険料の安い自動車保険が増えてきた反面、保険料が低価格の為に分割払いの選択が出来ないということもあります。

 

 

保険料の総額が安いからといって、いざ支払いをする時に負担が大きくて支払いが困難になってしまっては意味がないと思います。

 

自動車保険の加入や見直しを行う時は総額の安さのみならず、支払い方法についても確認することをオススメします。
発売当初の通販型・ダイレクト型保険は一括払いのみでしたが、今では分割払い可能なところもあるようです。

 

また、比較的大手と呼ばれるような保険会社に関しては大体分割払い可能ですが、注意すべき点があります。それは分割払いの方法です。
例えば、口座振替や保険会社が対応している分割払いブランの場合は手数料が一律5%と決まっています。

 

しかし、クレジット会社の分割払い制度の場合は各社平均で約8%ほどの手数料が発生してしまいます。

 

保険料が安くても分割払い時の手数料もプラスして考えると、実はあまり安くならなかったなんて場合もありえます。
その為、分割払いが可能かだけでなく、分割払いの方法についても確認しておくようにしてください。

 

分割払い口座引き落とし 手数料5% アクサダイレクト ※チューリッヒ 
分割払いクレジットカード払い 手数料5% 三井ダイレクト ※ソニー損保 アメリカンホームダイレクト おとなの自動車保険
クレジットカード払いの分割払い 手数料7.2%〜8.3%(カード会社により異なる) イーデザイン損保 そんぽ24 SBI損保 アクサダイレクト ※チューリッヒ 三井ダイレクト アメリカンホームダイレクト

※チューリッヒは、電話や郵送での申し込みの方限定
※ソニー損保は11回払い

 

上の表にある損保会社も入っています自動車保険一括見積もりのサービスです。

 

自動車保険分割

 

自動車保険分割

 

一番安い自動車保険に加入するには

一番安い自動車保険を探しましょう。

 

一番安い自動車保険はどこの自動車保険でしょう。
三井ダイレクト? アクサダイレクト? ソニー損保? イーデザイン損保? SBI? アメリカンホー・・・・・・・・
一つ一つ見積もりなんて取ってられませんよね?

 

だったらどうしたら手っ取り早く一番安い自動車保険探せばいいのでしょうか?

 

それは、無料一括見積もりを利用することです。

 

 

自動車保険分割

 

自動車保険一番安い自動車保険の候補ほこちら

 

自動車保険三井ダイレクト
三井住友グループの安さが売りの損保会社

 

自動車保険イーデザイン損保
東京海上グループのここ最近勢いのあるCMでも有名な自動車保険

 

自動車保険SBI損保
SBIホールディングスとあいおい損保とソフトバンクの出資であるSBI損保。保険料の安さは定評。

 

自動車保険りセゾン自動車火災保険(おとなの自動車保険)
40代や50代の事故率の低い年代では特に安くなるおとなの自動車保険。

 

他に候補はアクサダイレクト、チューリッヒ、アメリカンホームダイレクトあたりでしょうか?

 

あなたの補償内容ではどこが一番安いのでしょうか?
一括見積もりで簡単に見つかります。

 

 

すごく簡単!フォームに入力するだけです。面倒なことやややこしい入力ではありませんのでご安心ください。

 

自動車保険

 

すでに自動車保険に加入中の方は保険証券と免許証 加入していない方は車検証と免許証をご用意ください。

 

 

保険の自由化により自動車保険界は通販型の自動車保険が増えて損保会社から直接加入する形態を取れるようになりました。
その結果、通販型自動車保険は条件によりますがかなり保険料が安くなりました。

 

その中でも一括見積もりサイトを利用しますと、平均で2万円〜2万5千円安くなるという調査結果が出ています。

 

自動車保険

 

一番安い自動車保険を探すには、一括見積もりを利用することをおすすめします。

 

自動車保険はネットからがお得

車の保険というと昔は車のディーラーや販売店、それに保険会社の外交員の人などから商品紹介を受けて、

 

その保険内容に納得したら契約をするという方法で加入することが多かったと思います。

 

 

更新時なども、更新しますか?という声掛けで対して検討することなく更新していた人も多いですよね。

 

 

しかし、現在では自動車保険はディーラーや販売店、

 

それに保険外交員と言った人達を通じて加入するいわゆる代理店型の自動車保険だけではなく、

 

自動車保険会社と直接契約することが出来るダイレクト型の車の保険なども数多く販売されるようになっています。

 

このダイレクト型自動車保険はネットから加入をすることで割引をしてもらうことが出来るなど、

 

保険料を安く抑えることが出来るということで人気が高くなっている車の保険です。

 

 

自動車保険に加入する人が自分で保険商品を組み立てることが出来る、

 

つまり補償内容を検討しやすくなっている商品も多くなっていますので、

 

もし自動車保険の更新時期が近いという人は、

 

一度自動車保険をネットで見積もりしてみてください。